KARATTOの唐揚げの特徴

卸売に関わっているから
実現できる鮮度

KARATTOの唐揚げの一番の特徴は、圧倒的といっても過言ではない鶏肉の鮮度です。
通常、鶏肉の流通は、生産者から一次卸、二次卸、三次卸と多くの卸業者を経由しますが、KARATTOは鶏肉卸売会社をグループにもつ強みを活かし、大手養鶏処理場から産地直送で仕入れを行なっています。鮮度が高いので冷凍せずにチルドで扱うことが可能で、冷凍したものと比べて上質な味を保っています。
また、新鮮さは消費期限の面でも有利に働きます。一般的な流通を経たスーパー等の鶏肉よりも一週間ほど消費期限が長く、日本で社会問題となっている食品ロスの軽減にも一役買うことができます。この圧倒的な鮮度を実現できるのは、卸売のノウハウ、ネットワークがあるKARATTOならではの強みです。

お客様とともに
成長してきた自社開発のタレ

唐揚げの味の決め手となるタレは、自社開発のオリジナルのタレを使っています。
このタレは、2000年頃、お取引いただいているお客様からの要望に応える形で、自社開発をスタート。飲食の最前線に立つ経験豊かなプロの皆さまの意見を取り入れ、試行錯誤を繰り返し、お客様とともに成長してきた自慢のタレです。
現状でも各方面から高い評価をいただいていますが、配合を細かく調整・見直ししながら、さらなる進化を心がけています。

お求め安い価格の秘密

お求め安い価格も、KARATTOの唐揚げの特徴です。
関連会社や系列店を含めたグループ全体で鶏肉を仕入れていることから、スケールメリットが働き、上質で新鮮な鶏肉を安価に仕入れることが可能です。
その分、お客様にもできるだけ安価に提供したいと考え、平均的な中津唐揚げの価格よりもお求め安い価格にしています。

ニンニクは妥協せず
国産を

中津唐揚げのパンチある味は、ニンニクの風味が重要な要素のひとつ。
KARATTOの唐揚げは、国内外様々な産地のニンニクを何度もテストし、選び抜かれた質の高い国産ニンニクを使用しています。

自社開発の
ラードもポイント

KARATTOの唐揚げは、通常の植物油に少量の自社開発のラードを入れて揚げています。中津唐揚げらしいカリッとした食感になりやすく、くどさのないさっぱりとした味わいに仕上げやすくなります。
オンライン販売で唐揚げをお求めいただいた方には、この自社開発のラードもお送りしますので、ぜひお試しください。